ウーマン

高い利益を得るために|インバウンドの重要性を知っておこう

無店舗型のビジネス

通帳とお金

低コストでスタート

商売には、お店があって商品を販売している「実店舗型」と、お店を持たない「無店舗型」があります。低コストでスタートできるのは、無店舗型のビジネスです。無店舗型のビジネスには、訪問販売や移動販売、通信販売などがあります。いずれも、低資金で開業できますが、最初の訪問販売に関しては、飛び込みの営業であることが多く、個別訪問しても不在などで空振りに終わることがあります。移動販売は、車があれば営業でき、場所にしばられないというメリットがあります。実店舗を持つ際にかかる賃料なども必要ありません。ただし、その日の天候によって客数が変わるなどの不確定的な要素もあります。最後の通信販売は、インターネットだけで開業できるため、ほかの仕事を持ちながら、副業として始めることもできるでしょう。低資金で開業できる通信販売の始め方ですが、誰に対して何を売るかが重要なポイントとなります。また、販売するものによっては、事前に許可や手続きが必要になる場合があります。また、通信販売は、低資金で開業できますが、販売する物によって在庫の保管が必要になる場合があります。低資金で購入できる物と高額になる物があるでしょう。過剰な在庫にならないように、バランス良く売れる商品を選ぶことが大切です。また、通信販売は低資金で手軽に開業しやすいこともあり、ライバルが増える傾向があります。他店との差別化をはかり、自社商品をアピールする必要があるので、宣伝費などが必要になるでしょう。

Copyright © 2017 高い利益を得るために|インバウンドの重要性を知っておこう All Rights Reserved.